税制の改正

住宅模型

課税対象の拡大

日本では財政的に厳しくなっており、相続税についても見直しが行われたため、課税対象範囲が大幅に広がり、対象者の増加が顕著となっています。相続税の課税評価の計算は複雑になっておりますので、自分で申告するためには勉強が必要です。相続税の専門家としては税理士やファイナンシャルプランナーがおりますので、事前の相談や申告書の作成依頼が可能です。相続税は現金や金融商品の形で保有していますと額面通りの金額で評価されることになります。資産を不動産で保有している場合には所有形態や所有方法によって計算方法は複雑になりますが、評価額は金融資産に比べて大幅に減額することが可能です。不動産の所有でも自宅として利用している場合には一定の条件によって配偶者や子供が相続する場合には大幅に減額されます。配偶所の場合には二分の一までは非課税となりますので大きなメリットとなります。自家用不動産については一定の面積までは課税されませんので、これも大きなメリットです。不動産を賃貸等の事業用資産として所有している場合にも資産が自由に処分できないこともあり、評価額の大きな減額が認められています。一般的に不動産を購入する際には金融機関からの借り入れによって資金調達を行いますので、借入金の残額については相続税の対象資産から控除することが可能です。いずれにしても不動産の評価計算については専門家の意見を聞くか事前に税務署で確認することが重要です。